超私的見解書

少年サッカークラブ所属の3人の息子と素人の私の体験談です。ぶつぶつと喋りながら書いてます。

バーモントカップ3

神2です。

前回に引き続き、我が町のバーモントカップの話になります。

前回の内容がこれ↓
www.jin2.site


良くない話でした。

が、

今回は更に良くない話、、

いや、むしろ最悪な話です。

フットサルはサッカーとは違います。

フィジカルコンタクトも比較的少ないフットサル。

従ってスムーズに試合が展開して攻守の切り替えが早いのが最大の魅力ではないかと思います。


フィジカルコンタクト…

当たりがきつければファールになりやすい。


審判も一人一人の基準がサッカーの審判よりは幅も狭く比較的、ファールの基準が決まっている印象を私は持っています。


しかし、審判とて人間。

吹き遅れることもあるでしょう。

2人制の審判でした。

近くの審判が笛を吹かずに、遠くの審判がファールの笛を吹いたときに事件は起こります。

ファールをされた側のチームの監督
「吹けよー!」

1回目は審判にも非があることを感じたのか、軽くその監督に注意で済みます。

試合展開は白熱しており注意を受けた監督チームが残り5分で2点リード。

数分後、白熱の余り監督がまた審判に対して暴言を吐きます。

監督退場!!

初めて見ましたよ。

小学生の大会で監督がフロアから退場させられる瞬間を!

「スカッとジャパン」をTVで見た時のスカッとの方の気分になりました(笑)


その監督は審判にぶつぶつ言いながらもフロアを後に、、

コーチが変わりに指揮を執ります。

が、、、

その光景に子ども達も動揺しないわけがありません。


残り時間2分です。

この2分間で退場監督チーム逆転されます。

やはり、監督退場が影響したのでしょう。

このように大人の態度や立ち振舞いというものは子どもにとっても、どっちに転ぶかという程に影響されやすいものです。


空想話になりますが、この退場監督がもし退場していなければ勝っていたかもしれません。

結果、子ども達の目標を…この試合を壊したのは大人であった事実を消すことは出来ません。

指導者として子どもを導く存在が、審判に退席を導かれた事はとても残念なことですよね。

熱くなるのは分かりますが、指導者以前に大人の対応を身に付ける必要がある大人でした。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村