超私的見解書

少年サッカークラブ所属の3人の息子と素人の私の体験談です。ぶつぶつと喋りながら書いてます。

未熟者。

神2です。

❰親は口出ししない❱

❰子どもの成長を見守る❱

数々の本でそう書かれています。

確かにその通りだと思います。

元々私自身、子どものサッカーに口出しする方でした。

まだ一年生二年生の子どもに、、。


それからいろんな本を読み、勉強してシンプルに❰親は見守るだけ❱という答えが出ました。

それからはなるべく口出しをしないように心掛け心掛け心掛け…。


ですけど、溜まるんすよー。。


例えば、、

余りにも不甲斐ない息子を見て

{何してんだよ}内心思います。


けど、「親は口出ししない」を思い出し、終わって帰る車内で「何も言わない、何も言わない」と心に誓っても、言ってしまうことがあるんですよー。

そんな経験をされた保護者様もいるのではないでしょうか。


つい先日、私はありました。


長男が通っているスクールに次男も参加した時のこと。

次男人見知りが酷く、実力の半分も出せていない。練習なのに…。

長男は長男で軽率なプレーばかりしてる。

私の脳内はワナワナしてきます。

それでも言わない言わないと決めていたのですが、、

つい帰りの車内で私は聞いてしまいます。

私「今日楽しかった?」次男に対して聞きます。

次男「余り楽しくなかった」

でしょうね。

それからはダムが決壊したかのように私は言ってしまいます。

溜まってたんですかね?

「誰の為にサッカーしてんだ!気ーばっかり使って何してんだよ!」

その後は長男にも伝染し

「今日のお前のあのパスミスはなんだ?簡単に取られるようなコロコロのパスは!?やる気あんの?」

そして、言ってはいけない一言

「もう辞めちまえ!」

言っちゃいました。。


次の日は自分が言ったことに後悔の1日。

「あーまたやらかしてしまった」ガックシ。

酒に酔って不始末をした時のようなあの感情に似た思い。


子どものサッカーにアツいのは結構
ただ、当たってはいけない。

「もう辞めちまえ!」

明らかに当たってますよね。八つ当たり。


頭では分かっているんですけど心ではなかなか分かっていない。

未熟なのは私です。

心を吐き出してその時気持ち良いのは私だけです。

あぁ、また長男次男の伸びしろを縮めてしまった親がここにいます。

はぁ~あ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村