超私的見解書

少年サッカークラブ所属の3人の息子と素人の私の体験談です。ぶつぶつと喋りながら書いてます。

落ち込む必要はない。

神2です。

サッカーの練習では上手くいくんだけど、試合ではなかなか上手くいかない。。

技術は劣っていないんだけど、なかなか試合でつかってもらえない。。

こういうケースはよくあることだと思います。

試合に出ても上手くいかない。

落ち込んで悩んだ結果 
ミスをしないプレー
消極的なプレーに発展するケースも多いと思います。

元々、サッカーはミスありきのスポーツ。

よく指導者から試合中に
「もっとチャレンジしよ~!」
って言葉を聞くことありませんか?

でも、ミスを続けた子どもは大抵、消極的なプレーになりがちに。

二回、三回ミスが続くと結構試合でのメンタルは落ちてくるもの。

それが負のスパイラルとなり、まとめると
「最近調子が悪い」
「伸び悩んでいる」
このような台詞が出てきます。


長く続くと親子共々、限界を感じるかもしれません。

けど、諦めないで下さい。

「この子には無理だ」と絶対に思わないで下さい。

上手くいって無いときほど成長のチャンスだと、このブログに度々書いてきました。


小学年代では思うような結果は出ないかもしれません。

それでも、いいんです。

小学年代にピークを求めている保護者様にはこの記事を読む意味はありませんが、、

ジュニアサッカーというのは親の意見、親次第な部分は多くあります。

中でも絶対にいらないのが
[親のプライド]です。

このプライドは少年サッカーの現場から遠ざける要素になるからです。

プライドが高い親は自分の子どもが出ないと感じると次第に観戦に来なくなるものです。

今試合に出ているからこの先も安泰ですか?

むしろ、試合に出て安泰ってなんですか?って話しですよ。

今、試合に出てないからこの先はもうない。とか思っていませんか?


私の体験を言います。

高校年代まででサッカーを辞めてしまっている子どもというのは今まで常にレギュラーとしてチームの中心で活躍していた選手が意外に多いです。

何故?

順調に来すぎちゃったのでしょう。

上には上がいます。

そんな存在を認めれなかったのですかね、、

そんな自分よりも上手い存在の出現に、心折れ、「サッカーはもういいわ」と感じて次第にサッカー熱が冷めていき辞めていった少年が数名いました。


逆に少年サッカー時代に悩んでは、もがき、落ち込み、それでもサッカーを続けていた子どもの方が上のカテゴリーで伸びている傾向になりがちです。

慣れていたのでしょうか、、


これは私の体験ですので、そんなことないって事もあるかもしれませんが、事実そんなこともありました。

今だけにとらわれないでください。

子ども達のサッカーの可能性はどこで伸びるかわかりません!

見解としましては、体の成長段階の少年時代です。
成長の早い遅いで大きく、少年サッカーでの活躍が変わる要素があります。
勿論、体が小さい選手でも、やれてる選手はたくさんいますが、どこかしらのハンデは必ずあります。
最も真価が問われるのは皆と体格が追い付いたとき、追い付かれたときではないでしょうか?
さぁ、そこからが第2幕のサッカー人生の始まりだと私は見解しております。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村