超私的見解書

少年サッカークラブ所属の3人の息子と素人の私の体験談です。ぶつぶつと喋りながら書いてます。

送迎問題。

神2です。

夏休み突入しましたねー

夏休み=成長とよく聞きます。

息子の通うクラブでは予定がビッシリ組み込まれています。

特に長男5年次男4年生ですので、この辺の予定が多すぎてもう頭に入ってきません。

海に連れていってあげることも厳しい状態です。


コーチの気合いの表れ感を非常に感じております。
ありがとうごさいます。


皆様のチームはどうですか?

ここで一番ネックになるのが送迎だと思います。

夫婦共働きの家庭ならまずそれが頭によぎるのではないでしょうか。

そして、兄弟がいる家庭は予定の被り。

どっちをどう連れていったらいいのか?
悩めますよねー。。


ここでやはり重要なのは周りの連携になってくるのではないでしょうか?

この連携も今まで築き上げた付き合い方で変わってくると思います。

一切、試合や練習に顔を出さない保護者ならおそらく全ての予定に参加させることも困難だと感じます。

中には毎回お願いしてくる保護者も出てくるかもしれません。

表向きは「いいですよ」と言いながらも、それが続くと「いいように使われている?」と感じるのは私だけでしょうか。

何事もバランスが大事です。

お互い様の関係を築き上げるのも少年サッカーの保護者の仕事かもしれませんね。

この夏を乗り越えて子どもは成長

その成長の陰には保護者の動きが必要不可欠

少年サッカーの醍醐味はこの夏休みに詰まっているのではないかと見解します。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村